やったことだけ書く備忘録

TalkieのスライドをPDF化するツール作った

お世話になったお礼に


ここ最近ちょろちょろを小さな勉強会で話をさせて頂く機会があり、かといってスライドに時間を割けなかったので、
サクッとHTMLでスライドを作るのに @ahomu氏のTalkieを使わせてもらっていました。

ahomu / Talkie

これほんと便利。さっくりいい感じにスライドが作れる。しかもVimで。

でも、PDFでSlideShareにアップしたりするのにPDF化するツールがなかったようなので(以前はあったらしい)、何か貢献できたらなーってことで思いついてから一日でさっくり作った。あとElectron使ってみたかったのもある。できたのがこちら。

ysugimoto / resumify

npmでインストールして、スライドのあるディレクトリ、またはどっかにアップしてるスライドのURLを指定してコマンド実行すると、Electronが起動してパシャパシャとスクリーンショットを撮って最後にPDFにまとめてくれます。詳しい使い方はREADME参照です。



ちなみに初めはさっくりPhantomJSでやってたんだけど、Talkieで使ってるCSSとかがPhantomJSのレンダリングエンジンでは再現できなくて、Electronを使うに至った次第。



まとめ


Talkieでスライド書いてる人はぜひ使ってみてください。
あと、それ以外でもxxx#1, xxx#2, ...とハッシュ番号でスライドを送るタイプのものは同じくPDF化できると思います。

便利だ便利だって使うだけじゃなくて、こうやって何らかの形でプロダクトに貢献したいですね。

現場からは以上です。

« 前の記事 次の記事 »

0件のコメント

コメントを投稿する

 画像に表示されている文字を入力してください。